カードローンを利用する時には「返済計画」を作成しておくことが大切です。具体的な計画が無くとも契約することは問題なく可能ですが、自身の返済能力を正確に把握することが出来ていないと「途中で返済できない状態になるリスク」が高くなってしまいます。特に貸金業者などを利用した借金をする場合には、「返済遅延・延滞・滞納と言った状況が起こることを極力避けることが重要です。そういった事態が起こってしまうと、その場だけでなくその後数年間にわたって自身の信用が低下する原因になってしまいます。

「そもそも返済が可能なのか」と言うことを理解できていないと、自分の返済能力以上の借入れをしてしまう可能性が出てきます。一応、貸金業者に対して一つの基準・目安となる「総量規制」という法律がありますが、これはあくまでも一般的な安全レベルを定義しているだけのもので、具体的に個人に対して適切な制限が設けられているとは限りません。その為、総量規制の範囲でありながらすでに返済能力を超えてしまっているという状況が起こる可能性があることを理解することが大切です。

返済能力の範囲に収めると言う意味では、「借りる金額を出来るだけ少なく抑える」と言うことが最も確実な方法です。しかし、同額の借入であっても「利息割合」によっては返済の負担が全く違ってしまうため、特に重視するべきポイントとなるのが「金利」です。金利が低ければ利息も少なく抑えることが出来るので、カードローンを選ぶ時には「借りられるかどうか」を意識することも必要ですが、何よりも「選択肢の中で『現実的な』金利が低いものはどれか」を重視して選ぶことが大切です。

借りる金額が少なければ金利による差は大きくなり辛いですが、仮に少額であっても借入期間が長くなればなるほど負担増の割合が大きくなっていきます。また、「無利息期間」を利用するかどうかと言った点でも実質的な負担割合が変わるため、それらを加味して正確な返済計画を作成することが必要になります。