カードローンはまず、ローン審査が通らないと借り入れ手続きができません。では、審査が無事通過するためにはどのような条件があるのでしょうか。まず、年収や住まい、勤続年数などがチエックされます。ここで確認されることは、職業が安定していること、最低勤続年数は1年以上であるといったところがポイントになります。また、公務員や有名企業勤務であれば収入が安定しているといった判断がされるので審査通過に有利になってきます。住まいは賃貸よりも持ち家の方が高評価です。

また、携帯電話のほかに固定電話があるといったことも条件の中に入っている場合がありますが、近年、携帯電話の普及が多く、それほど重視する点ではなくなってきている傾向です。こういった基本情報のほかに、他のカードローンでの支払い遅延や借り入れがないかも重要です。他社に借り入れがある場合、双方の借金で返済が滞ってしまう可能性があるからです。過去に延滞があった場合もあまりよいイメージではありません。ローンの延滞記録はお金の借り入れに関しては5年記録が残ります

このような場合はカードローン審査が通らない可能性があります。そして一番いけないことは嘘の申告をしてはいけないということです。別のローンが残っている、住所や勤務先が違うなどといったことは詐欺行為にあたります。また、複数のローンの申し込みはしてはいけません。いろいろなところに借り入れがあるということはやはり信用問題にかかわりますので注意しましょう。なお、一度カードローンの申し込みをしたらほかの会社に申し込みるのは避けたほうが良いでしょう。

銀行やその他の金融会社では、申し込みをした人の情報の共有がされているのでもし、他社に借り入れがある場合はそのことも加味しての審査となりますので、とても不利な条件となります。そして、審査に落ちてしまった場合は最低でも2~3ヶ月くらい間を開けてから最申請をすることが良いでしょう。カードローンの審査は信用で成り立っていますのでその点を考慮して申請をしたほうが良いようです。