どこの取引所がモナコインを扱っているか

現在、日本国内の取引所でモナコインを取り扱う業者で有名どころはbitFlyer、bitbank、Zaifの3つです。大手ということばだけであればbitFlyerは群を抜いています。しかしbitFlyerはビットコイン以外の手数料が高いため、あまりおすすめできません。そのため実質bitbankとZaifの戦いになります。

知名度、ユーザー数であればZaifが勝ちます。Zaifは2018年からテレビCMを流しており、剛力彩芽を採用し新規参入者の獲得に力を入れています。Zaifは正統派の取引所でサーバーが重くなる時があるという点を除けば、特に不満はない取引所としてユーザーに支持されています。最近では不正出金や、ビットコインが0円で買えたなどの不祥事を起こしたことが明るみになり、やや人気を下げたのではないでしょうか。このあたりは勿体無いところですね。

モナコインを買うならbitbankが最強か?

bitbankも正統派でセキュリティ体制には自信があるようです。以前まではユーザー数が少なく、約定するまで時間がかかっていたようですが、一時期はモナコインの取引量が1位になりました。

取引量だけではなく、モナコイン価格も最安値をキープしており、さらに人気のリップルを購入できる点も評価されています。

bitbankはスマホアプリを提供していませんが、スマートフォンブラウザに特化した作りになっているのでストレスはありません。個人的には、モナコインをはじめZaifで取引をしていましたが、最近では自然とbitbankを使うようになっています。やはり価格が安いのと、使い勝手が良いのは重宝します。

まとめ

現在では、モナコインを買うならbitbankというのが正解ですね。Zaifも頑張って欲しいところですが、まだ課題が多いのでしょう。Zaifはトークンなど多くの仮想通貨を扱っておあり、COMSAトークンでICOが出来る仕組みがあります。Zaifを使うのであればモナコイン以外で価値を見出していくのがよいです。

取引所は1つに絞る必要がなく、分散型投資という意味でも複数のアカウントを使って取引していくのがセキュリティ面でもおすすめできます。