モナコインの換金方法を主婦が説明します

モナコインマイニングについて

モナコインをマイニングで入手するためには単独で行うソロマイニングと、マイナー達みんなで協力して行うプールマイニングの二通りがあります。VIPPOOLというマイニングソフトを使う場合は「monacoinアドレス」という箇所に取引所のアカウントを入力しておけば、換金は問題なく行えます。

換金は取引所だけしかないと捉えておいた方がよいでしょう。個人間の取引はまだまだ先の未来でないと信用ができません。

Ask MonaやMonappyなどでもらったモナコイン換金

Ask Monaなどで専用ウォレット登録をしている場合は、そのままですと換金ができません。その場合は取引所のアカウントを作り、送金する必要があります。詳しくはモナコインの換金・現金化する方法を分かりやすく解説がとても分かりやすかったので是非、参考にしてください。またモナコインや仮想通貨を送金すると僅かですが送金手数料がかかります。ちなみにaskmonaでは0.001MONAだけかかります。

入出金は間違ってしまうと大変なので初めて行う方は少額で試しにやってみるのがよいでしょう。失敗しても少額であればまぁいいかとなります。

まとめ

モナコインの換金など細かい情報のwebページはなかなか作っている人がいないのか見つけるのに苦労しました。Ask Monaでも掲示板に少しだけ書かれていますが、詳しくかかれているところはありません。今後時間があればそのような記事も書いていこうと思います!

モナコインのグッズを調べました。

モナコインはどれだけ愛されているか?

グッズを調べてみると色々出てきますね。

引用元:https://booth.pm/ja/browse/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA?q=%E3%83%A2%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3

 

引用元:http://askmona.org/9256

 

NEMなどもグッズが作られていますが、モナコインはファンが勝手に作っています笑

それだけファン層が熱いということですね。私も作ったら商売できるのでは。。

 

モナコインを購入したい方のために取引所を比較してみました。

どこの取引所がモナコインを扱っているか

現在、日本国内の取引所でモナコインを取り扱う業者で有名どころはbitFlyer、bitbank、Zaifの3つです。大手ということばだけであればbitFlyerは群を抜いています。しかしbitFlyerはビットコイン以外の手数料が高いため、あまりおすすめできません。そのため実質bitbankとZaifの戦いになります。

知名度、ユーザー数であればZaifが勝ちます。Zaifは2018年からテレビCMを流しており、剛力彩芽を採用し新規参入者の獲得に力を入れています。Zaifは正統派の取引所でサーバーが重くなる時があるという点を除けば、特に不満はない取引所としてユーザーに支持されています。最近では不正出金や、ビットコインが0円で買えたなどの不祥事を起こしたことが明るみになり、やや人気を下げたのではないでしょうか。このあたりは勿体無いところですね。

モナコインを買うならbitbankが最強か?

bitbankも正統派でセキュリティ体制には自信があるようです。以前まではユーザー数が少なく、約定するまで時間がかかっていたようですが、一時期はモナコインの取引量が1位になりました。

取引量だけではなく、モナコイン価格も最安値をキープしており、さらに人気のリップルを購入できる点も評価されています。

bitbankはスマホアプリを提供していませんが、スマートフォンブラウザに特化した作りになっているのでストレスはありません。個人的には、モナコインをはじめZaifで取引をしていましたが、最近では自然とbitbankを使うようになっています。やはり価格が安いのと、使い勝手が良いのは重宝します。

まとめ

現在では、モナコインを買うならbitbankというのが正解ですね。Zaifも頑張って欲しいところですが、まだ課題が多いのでしょう。Zaifはトークンなど多くの仮想通貨を扱っておあり、COMSAトークンでICOが出来る仕組みがあります。Zaifを使うのであればモナコイン以外で価値を見出していくのがよいです。

取引所は1つに絞る必要がなく、分散型投資という意味でも複数のアカウントを使って取引していくのがセキュリティ面でもおすすめできます。

モナコインの今後について主婦が考察してみた

参考元:Zaif

 

モナコインチャートからの考察

モナコインは2017年の10月頃から100円台から300円台に上昇し、12月から1月初頭にかけては2000円を超える価格が付きました。

これは他の仮想通貨でも同じような動きが見られてたので、日本人のボーナス時期にバブルのように跳ね上がり、1月以降は中国の規制による影響を受けて価格が2月までずるずると下がっていきました。他の仮想通貨と比べても下落がとても激しい通貨です。モナコインは日本人が作った国産通貨だと讃えられ、期待が集まり過ぎたことが考えられます。また年末のコミックマーケットで初めて仮想通貨決済が導入され、モナコインも決済として使われた場面がありましたが、まだまだ認知度は低いと言えます。

モナコインちゃんというコスプレをしている熱狂的なファンがいるぐらい一部のコミュニティサイトでは異常にモナコインは盛り上がっています。独自にグッズを作って販売していたり、お互いにモナコインを投げ銭しているAsk Monaなどが活発に利用されています。しかしこのコミュニティサイトもおそらくまだまだ知っている人が少なく、もしくは知っているけど使ったけど飽きてしまったなど、利用者の普及がモナコイン価格のカギにはなっていると確信しています。

どうすればモナコイン価格は上がるか?

モナコインはイーサリアムのようにブロックチェーン上にアプリが作れたりはしないので、やはり決済手段としていかに普及していくだけが課題となります。さらに言えば、モナコイン決済での特典を付けるということです。モナコインで払うユーザー側は仮想通貨で払うと何かプラスアルファがないと行動までには至らないです。仮想通貨は店舗やECサイトのポイントではなく、実際にお金と同価値になろうとしています。ポイントは貯まれば買い物に消費できますが、仮想通貨はそういうわけにもいきません。下落することもあれば、高騰することもあるので使うタイミングがとても難しいのです。だからこそ「おまけ」を付けてお店側が普及活動をしない限り、モナコイン価格は高騰しないでしょう。

まとめ

いまはコミックマーケットやゲーム大会などが異常なほどの盛り上がりを見せています。その中で投げ銭としてモナコインが選ばれればモナコインの価格は計り知れないぐらいに高騰するでしょう。2018年は本当に決済として使われる仮想通貨が選ばれていくと予想しています。NEMやリップルにモナコインが勝てるかは興味深いところです。

モナコインが使えるお店

bitcoinmall(ビットコインモール)

主にPCやグラフィックボードの取り扱いがあります。カメラやスピーカー、コーヒーメーカーなど家電もあるので何かしら欲しいものに出会える確率は高いでしょう。面白いのが具現化したビットコインやライトコインが1monaちょっとで販売されています。高いのか安いのかはわかりませんが、おもちゃとしては楽しめると思います。

 

Monappy

MonappyはECサイトというよりかはモナコインのまとめサイトに近いです。多くのリンクが貼られており、モナコイン関連サイトをいくつも紹介しています。広告もたくさん貼られていますが、様々なコンテンツが楽しめる内容になっています。個人的には「モナキャラまとめ」が面白いですね。個人が作ったモナコインキャラの優秀画?がいくつかあり、ついクスっと笑えるコンテンツです。

 

秋葉原のPCショップ「アーク」

さすが秋葉原のPCショップだけあってマニアックなパーツまで幅広く取り扱っています。最近流行りのゲーミングパソコンに力を入れているので、興味がある方は覗いてみてください。

 

モナコイン決済のお店まとめ

今回は3つほど代表的なお店を紹介しました。まだまだ2018年はモナコインが使える場が増えていくと思います。大きなお店が出来たらまた記事にしたいと思います。

モナコインを購入したZaifという取引所の評判

Zaifとは

Zaifはテックビューロ株式会社が運営をしている取引所です。Twitterを見る限りの評判はまずまずといったところ。サーバーが弱いせいか注文が通りづらいとの苦情がありますね。でも板での取引はかなり好評で、ユーザー同士の取引が簡単にできます。アカウント作成し、本人確認を行えば一週間ほどでハガキがきますので、そうなればすべての機能を使うことが出来ます。

モナコイン購入してみた

モナコインはコミュニティ力があるため、多くの仮想通貨の中から選びました。あと安いってのが大きいですねw Zaifでは手数料が安いのが決めてでbitbankと迷いましたが、Zaifの方が専用アプリがあるためこちらにしました。

私の財力ですと10万円が限度でしたが、みなさんは可能性を感じたら相当の金額をはってもいいかもしれません。買ったときは500円ほどの底値で600円まで上がり20%の利益で確定しました。調べてみると2018年には2000円以上の価格が付き、そこからずるずると下がってきています。このときに仕込んでいた方はかなり儲かったでしょうね。前回の記事でも書きましたが、モナコインのコミュニティサイトAskMonaでは投げ銭の文化がありますよね。多く投げたい方は絶対モナコインを買うのではないかと勝手に予想していましたが、今年は相場が違いました。コミックマーケットなどで大々的に扱うようになれば、購入する方が増え価格も上昇します。またモナコインで決済すればプラスαの特典があれば尚更、価格は上昇しやすいです。このあたりはモナコインファンが盛り上げるイベントをしないと、認知されません。オタク文化はインターネットが主戦場ですので、何かきっかけがあれば一気にモナコインが浸透します。ロゴもかわいいモナコインの浸透にいずれ携わりたいものです。

モナコインは楽しい仮想通貨

モナコインはAsk Monaなどのコミュニティサイトで個人間でモナコインの受け渡しが行われています。

上のキャプチャ画像のように2ch掲示板にそっくりなので使いやすいUIです。上手い絵には多くのモナコインが投げられたりしていいるので絵描きさんに取ってはとてもよい交流場なのではないでしょうか。

モナコインは日本のわたなべ氏という方が作った純国産の仮想通貨です。オタクコインなどのように呼ばれており、Twitter上でも投げ銭ができるようになっています。私もAsk monaで初めてモナコインを貰ったときはとても感動しました。本当に貰えるとは。。w

これからモナコインや仮想通貨について色々と勉強してみようと思います!

 

カードローンは銀行から借りるのがよい理由

カードローンは銀行から借りるのがおすすめであり、その理由はノンバンクより金利が低いからです。ローンにおいて低金利で借りられるほど大きなメリットはありません。審査が多少厳しくても、融資まで数日かかっても、低金利で借りられるならデメリットにはなりません。昔の銀行カードローンは審査が厳しい部分があり、そのため消費者金融の利用者が大半でした。10年前だとカードローン利用者の9割は消費者金融から借りていたと言われていました。しかし現在は銀行の審査がそれほど厳しくなくなり、万人向けローンとして生まれ変わったのです。その理由として、銀行も積極的に個人ローン提供に乗り出したことがあります。利用者を集めるためには審査に通過しやすくする必要があるため、以前より大幅に借りやすくなったわけです。消費者金融に落ちて人に融資してくれたケースもあるなど、無理な借入をしない以上は借りられる可能性が高いでしょう。

低金利はそのまま返済額に直結してくるので、他のどんな条件よりも重視するべきなのです。今は少しの借入でよいけど、将来的に追加融資を受ける可能性はあるでしょう。はじめてお金を借りるときを例にしても、数年前は借りることを予測できなかったはずです。将来のことは誰にもわからないからこそ、低金利で借りておく必要があります。借入額が将来的に3倍になったとしたら、利息も3倍になってしまうのです。利息を抑えるためには必要以上に借りないこと、返済回数を減らすことなどが効果的ですが、金利の部分だけは金融機関任せとなってしまいます。それゆえカードローンから借りるときは、消費者金融よりも低金利の金融機関を選ぶべきなのです。ただし、銀行カードローンなら絶対に低金利とは限らないので、各銀行の金利を比較してみる必要があります。どこから借りるかによって、金利に3~5%くらいの差は出てくるのです。ローンにおいて3%以上の金利は非常に大きく、決して無視してはいけないレベルです。

カードローンの借り換えで起こるメリット

カードローンを借り換える選択をすることができます。この時点でたくさんある貸金業者がどれも同じではないことがわかるでしょう。それぞれに特徴があり、気に入らないのであれば借り換えをすることができます。本来であればそのようなことが起きないために、事前に申し込み前によく確認して選ばなければなりませんが、カードローンというのは利用した後からデメリットが見えてくるものです。そんなときに借り換えは大きなメリットになるでしょう。まず起こり得るメリットは、返済金額が少なくなる点です。金利が18%のところと、それ以下であれば明らかに返済する金額が変わってきます。返済額を少なくしたいのであれば、金利が低い貸金業者を選択すると良いでしょう。また利便性においてもその余地があります。

たくさんのATMを使うことができるけれど、手数料が掛かることで負担を強いられる人も多いです。そんなときATMの利用が無料になるカードローンであれば、それだけで借り換えをするメリットが大きくなるでしょう。このようなときに活用したい方法です。また借り換え専用のローンもあります。これを利用すると、毎月返済する金額が少なくなるだけではなく、最終的に完済した後の金額も少なくなります。複数のカードローンを利用していれば、ひとつにまとめることで、返済も楽になるでしょう。それぞれに異なる返済日を確認しながら行う必要がなくなります。簡単に言うのであれば、借金の一本化によって利用者の負担を軽減することができるローンです。しかしメリットも大きい分、審査も厳しくなる傾向が強いです。また今まで借りていたカードローンの金利よりも、借り換えを選択するローンの方が低くなければ意味がない借り換えになってしまうでしょう。そのようなことも頭に入れて、自分にとってメリットが大きい借り換えを選択する必要があります。シミュレーションなどを利用して、メリットが高い一本化を目指してください。

借り換えにも便利なカードローン

若い人から高齢者まで幅広い年齢層の人々の間で、手軽に利用できるカードローンが大きな話題を集めています。主婦や学生まで申し込めるカードローンも増えていますので、非常に使い勝手の良いアイテムとして喜ばれています。金利が低く必要度に合わせて異なる限度額のコースが用意されていますので、自分に合ったものを選ぶことができる点が最大の魅力となっているのです。

また、他社からの借り換えにも柔軟に対応しています。住宅ローンや自動車ローンを一本化して、より安い実質年率でお得に返済していきたいと希望している人も多く見られます。家族が増えたことによって借入を増やす場合も多く、そんな時にも役立ちます。お客様一人一人のライフスタイルに合わせて充実した質の高いサービスを提供していますので、心強いパートナーとして選ばれています。

カードローンに申し込むと審査を受けることになります。年収や勤務先が安定していてこれまでのカード利用履歴に特に遅れなどがない場合には、その日のうちにお金を借りることもできます。急いでいる人にとってもスピーディーかつ安全性の高いカードローンは、信頼できる存在として親しまれているのです。個人情報の取り扱いについてもしっかりと管理されていますので、安心して利用できます。プライバシーの漏洩などの心配もなく快適なサービスとして高い知名度を誇っています。

インターネットからの申し込みは365日24時間いつでも受け付けていますので、忙しい人でも空いた時間を活用して簡単に問い合わせや相談が可能です。カード利用を始めてからある程度期間が経過して実績を積むと、さらなる増枠や金利の引き下げなどを受けることができる点もメリットの一つといえます。
このように、他社からの借り換えにも有利なカードローンサービスは、多くの人々から絶対的な支持と信頼感を集めているのです。これからも口コミによる評判はますます高まっていくと見られています。